NEWS

ZEH(ゼロエネルギーハウス)の普及目標について

ZEH(ゼロエネルギーハウス) とは、高気密高断熱や高効率な設備システムにより住宅におけるエネルギーを大幅に減らし、さらに再生可能エネルギーを導入することで年間の一次エネルギー消費量の収支がゼロとすることを目指した住宅のことです。

2020年度の支援事業(補助金)では、ZEH(ゼッチ)の場合60万円/戸、さらなる省エネが必要なZEH+(ゼッチプラス)の場合105万円/戸の補助金が出ることになっています。ただし、太陽光設備等の再生可能エネルギーを導入する必要がありますので補助金以上にコストはかかります。しかしながら、圧倒的に実質的な光熱費を減らすことが可能です。


公表目標

 

ZEHの周知、普及に向けて

ゼロ・エネルギー・ハウスへの取り組みや補助金などの情報をホームページなどで発信します。
ゼロ・エネルギー・ハウスの普及に向けて、設計時の説明やフリーペーパーなどで告知を行ってまいります。

 

ZEHビルダー/プランナーとは

令和2年度 ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス支援事業の趣旨ならびに、「ZEHロードマップ」の意義に基づき、自社が受注する住宅のうち『ZEH』、Nearly ZEH及びZEH Oriented(以下、「ZEH」という)が占める割合を2020年度までに50%以上とする事業目標(以下「ZEH普及目標」という)を掲げるハウスメーカー、工務店、建築設計事務所、リフォーム業者、建売住宅販売者等をSIIは「ZEHビルダー/プランナー」と定め、公募します。
SIIは、登録されたZEHビルダー/プランナーをホームページで公表します。
また、政府は、登録されたZEHビルダー/プランナーの情報を元にZEH普及に向けた更なる施策を検討する予定です。